総量規制対象外のキャッシングでお金を借りる

総量規制とは、年収の3分の1を超える借入れを規制するための法律のこと。
この法律があるため、消費者金融では年収の3分の1を超える借入れをすることができません。
それだけではなく、収入がない人もお金を借りることができなくなりました。

 

しかし、この総量規制は貸金業のみに適用される法律なので、銀行は総量規制対象外となります。
つまり、銀行のキャッシングであれば契約が可能になりますし、年収の3分の1を超えていてもお金を借りることができるんです。

 

当サイトでは、総量規制対象外のキャッシングでお金を借りるメリットとデメリットについて詳しく説明します。

 

総量規制対象外のキャッシングを利用するメリット

総量規制対象外、つまり銀行のキャッシングを利用するための最大のメリットは2つ。
金利が安いことと、高額のお金を借りることができることです。

 

消費者金融のキャッシングの金利は4.5〜18.0%に対して、銀行のキャッシングの金利は、4.6〜14.6%と非常に低金利です。
キャッシングやカードローンで銀行よりも低金利でお金を借りることができるところはほぼ、ありません。
低金利は銀行キャッシングの最大のメリットです。

 

また、総量規制対象外のため当然ながら高い金額でも借りることが可能です。
キャッシングやカードローン1社についての融資限度額も1000万円などと非常に高額に設定されています。
生活に必要なお金を借りることもできますし、まとまったお金を借りることもできるのが銀行キャッシングの大きなポイントです。

 

さらに、総量規制対象外のメリットは年収の3分の1以上でも借りられる、という点だけではありません。
収入がない人でも、旦那に安定した収入があればお金を借りることが可能です。
配偶者の確認がなくてもお金を借りることができるカードローンなどもあり、非常に頼もしいですね。

 

銀行のカードローンやキャッシングは、このように非常にメリットが大きく、また使いやすいキャッシングです。
では、なぜ消費者金融でもお金を借りる人がいるのか。
それは、銀行カードローンやキャッシングにもデメリットは存在するからです。

 

銀行の方が特なのに消費者金融で借りる理由

銀行は低金利で高額融資も可能、さらに自身に収入がない人でもお金を借りることができる非常にメリットの高いキャッシング。
しかし、それでも消費者金融でお金を借りる人が多いのはなぜでしょうか。

 

消費者金融は、金利が高く、総量規制対象となるため年収の3分の1を超える借入れはできません。
しかし、そのデメリットを補えるだけの大きなサービスがあります。
それは、即日融資無利息キャンペーン
消費者金融は銀行に比べて契約から実際にお金を借りるまでの時間が非常に短く、スピーディに借りられるのが大きな特徴です。

 

銀行カードローンでも即日融資、と書いているところは多く存在します。
しかし実態は、その銀行の口座を持っていなければ1週間以上かかってしまったり、土日祝は契約自体を行っていなかったりと非常に難しい側面があります。
銀行カードローンの即日融資は非常に狭き門ということです。

 

しかし、消費者金融の場合は、身分証明書さえ提出すれば審査時間は約30分〜1時間程度。
申し込みをしてからお金を借りるまで、2時間あれば余裕です。
さらに、土日祝も契約が可能ですし、夜間も21時までであれば即日融資が可能
このスピードは、消費者金融の右に出るものはいないでしょうね。
それくらい、消費者金融の即日融資はスピーディなんです。

 

また、金利が高いというデメリットを補うために、初回の借入れは30日間無利息というキャンペーンを行っているところもあります。
最初に借りてから返済するまでの30日間は、利息が0円で借りられるというすばらしいサービス。
小額の借入れであれば、銀行の低金利で借りるよりも消費者金融で借りた方がはるかに安くすみます。

 

このように、消費者金融にも大きなメリットはあります。
あなたが今どのような状況で、どの程度緊急かによって、消費者金融で借りる方がいいのか、銀行で借りる方がいいのか、まずは比較して検討してみてください。

 

総量規制と総量規制対象外の仕組み

貸金業法が2010年に改正され、総量規制が導入されました。
総量規制とは、全ての貸金業者からの借入の総額が年収の1/3までに制限されることです。

 

なぜこのような制度が導入されたのか。
それは利用者がキャッシングのし過ぎで返済不能になったり生活が破綻したりすることを防ぐためです。

 

実際、借金が年収の3分の1を超えた場合、返済は非常に難しいといわれています。
生活費が返済の金額と同じ金額になってしまうと、急にお金が必要になった時はまた借りる以外方法がありません。
ある程度の余裕がなければ、返済というのは非常に難しいことなのです。

 

総量規制に合わせて貸金業者は新規の借入に対する審査を厳しくしたり、契約済みの利用者の限度額を引き下げたりする対応をしました。
それによりキャッシングの利用者は生活費や娯楽費を見直すなどして、金銭感覚の調整をすることでなるべく借入をしないようできるようになりました。
貸金業にとっては痛手ですが、お金を借りる側としては、この総量規制というのはあなたの生活が破綻しないように調整してくれている法律なのです。

 

しかし、総量規制対象外の銀行で借りてしまえば同じ

せっかく総量規制で年収の3分の1以上は借りられないという法律を作ったのに、残念ながら銀行は貸金業ではないので総量規制の対象外となります。つまり、総量規制にひっかかっても銀行ならお金を借りることができるということです。

 

銀行から多額の借入を複数社からしている利用者もいます。
総量規制の対象外となるため、審査に通ればいくらでも借りることができるのです。
そのため、複数社からお金を借りたことにより月々の返済が多額となり、他の銀行などから新たな借入をして借金で借金を返す状況に陥っている利用者もいます。
総量規制対象外の銀行からお金を借りることができた場合、当然借りられる金額は大きな金額になりますね。
そうなると、今までとは違って返済金額も多額になります。
貸金業法の場合は借りられる限度がありますが、銀行の場合は借りられる金額の限度がないためその分借りすぎてしまった場合は手のうちようがありません。そうなると、破産宣告や債務整理をするほかに方法がなくなってしまいます。

 

こういった状況にならないように、利用者自身が返済可能な範囲の借入に抑えるよう自己管理をする必要があるのです。

 

総量規制を超えないか貸金業者はどうやって判断してる?

キャッシングの総量規制というのは、1社からの借入ではなく、全てのキャッシングでの借入が3分の1までということ。
すでに1社から年収の3分の1の借入れをしてしまっている場合は、2社目からは借りることができません。
他社での借入れについてもしっかりと把握しているということです。

 

では貸金業者はどうやってこの情報を調べているのでしょうか。

 

貸金業者はキャッシングの審査において、申込書に記入された情報だけでなく個人信用情報機関を照会して現在の借入状況などを調査します。個人信用情報には申込みや契約、返済の遅延などの情報が登録されています。
他社と契約中のキャッシングの限度額や支払い残高なども記録されているため、申込書に嘘の情報を書いてもバレてしまいます。

 

また貸金業法により、50万円を超える借入や、他社との借入合算額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が義務付けられています。
収入証明書には源泉徴収票、確定申告書、所得証明書などがあり、これにより前年度の収入を確認することができるのです。
そのため、申込書の前年度の年収欄に収入証明書とあまりに異なる金額を記入すると、虚偽の申告となり審査が非承認になる場合があるので注意しましょう。
こうして利用者の借入状況や前年度年収を確認することにより、総量規制の範囲を超えないか判断して審査をしています。