明日、急ぎでお金を借りるためのポイント

明日お金を借りたい!急にお金が必要で急いでいる!
そんな方のために、明日お金を借りるために必要なポイントをご紹介します。
急いでいるからどこがいいかじっくりと探している時間がない!
そんな方は、この5つのポイントを参考にすれば比較しやすいと思います。ぜひ目を通してからお金を借りる準備をしましょう。

 

 

急ぎでお金を借りるなら消費者金融

 

簡単な手続きで借りるのであれば消費者金融で借りるのが一番簡単です。
50万円までなら運転免許証さえあればほぼ即日で融資ができます。
しかし利息が大体18%程度ですので、利息が低いのはやはり銀行系のカードローンです。
利息も10%を切るものも多く、住宅ローン等他の借り入れがあればさらに利息が低くなるケースもあります。

 

銀行系は総量規制がないのも魅力です。
消費者金融は年収の3分の1以上の借り入れができませんが、銀行系はその縛りがありません。

 

お金をかりるならどこがいいかはそのシチュエーションによりさまざまですが、その日にすぐに借りたい方は消費者金融審査に時間がかかってもよいなら銀行系ローンがよいのではないでしょうか。

 

ただ金利が安いし総量規制がないからと言って多額のローンを銀行系のローンで組むのは危険です。。利息が低いからといって無計画に借りると収入の少ないかたは返済が厳しくなると思います。
融資を受ける際は必ず返済のことも常に頭に入れて計画的なご利用をお勧めします。

 

急ぎでお金を借りるには?

急ぎで融資を受けたい場合は、消費者金融での融資になるでしょう。
審査のスピードが銀行系よりも数段早く、近年はスマホやPCで申し込みをし、運転免許証や収入証明書等必要書類を写真で撮り、それをメールで送って審査を受け、通れば即日振り込むサービスもあります。

 

大手の消費者金融であればコンビニATMでの借り入れや返済などもでき利便性もかなり良いです。
ただ、消費者金融系のローンは利息が高いので借り換えられる余裕ができたら銀行系のカードローンに借り換えることも一考すべきかもしれません。
しかし近頃は、契約初月の利息が無料の消費者金融が増えてきているので、すぐ返済できる方等は逆に消費者金融の方がお得に借りれるかと思います。

 

消費者金融のメリット・デメリット

消費者金融のメリット・・・即日融資が可能。手続きが煩わしくない。コンビニATMでの借り入れ返済が可能。
契約初月の利息が0のところが多い。
消費者金融のデメリット・・・総量規制(年収の三分の一を超えた融資を受けられない。)の対象である。利息が銀行系よりも高い場合が多い。

 

急ぎでお金借りたい!最短の申込方法は?

今日中にお金を借りたいという場合、少しでも早く申し込みを済ませた方が時間短縮になりますよね。
申し込み方法は色々ありますが、その中でも最短の申し込み方法は、「ネット申込」です。

 

ネット申込とは?

ネット申込とは、スマホやパソコンから申し込みをしたいキャッシングの公式ホームページから申込みをする方法です。
従来のように店舗や自動契約機に向かう手間が省けるため、会社や移動中、休日など時間がない時のちょっと手の空いた隙間に申し込みができるので、今日中にお金を借りたい方にはとても助かる方法です。

 

自動契約機に行く余裕がある場合でも、先にインターネット申し込みを行っておけば、自動契約機に行ってからの書類の記載や審査書類の提出などの手間も省けてスムーズです。

 

お金を借りるための審査って?

消費者金融会社の審査はいろいろな条件で異なりますが、早いところでは最短30分程度で審査が終わります。
郵送ですと4〜5日程度はかかるので急ぎで融資を受けたい方はインターネットか店頭で審査を受ければ、審査が通れば即日融資も可能です。
即日融資を受けたい場合は審査時間を短縮させないといけないので、まずは必要な書類を準備してからインターネットか店頭で審査を受け、通れば即日融資が可能になります。
少額でよいのですぐに融資を受けたい方などは消費者金融で限度額を少額で申し込めば審査もすぐに通り即日で借りれる可能性が高まるでしょう。
他社の借り入れが多額であったり、破産・民事再生等の方は審査に通らない可能性もあります。

 

急ぎの審査の在籍確認

審査の最終段階には在籍確認があります。
在籍確認まで来たら、審査はほぼ通過したといってもいいでしょう。
しかし、この在籍確認が最終の難関で、会社の営業時間外だと在籍確認が取れず翌営業日まで待たされてしまうことがあります。

 

今日中に急ぎでどうしてもお金を借りたい場合、在籍確認について特別措置が取られる場合があります。

 

限度額を引き下げて契約、後日引き上げ

例えば20万円の限度額だった場合、在籍確認が取れない今はいったん10万円の限度額で契約、翌営業日に在籍確認が取れ次第、限度額を20万円に引き上げてもらう方法です。
こちらは、特別手続きは不要で、在籍確認が取れ次第すぐに元の限度額に自動的に引き上げられるので手間はありません。

 

給与明細や社員証でOK

この措置はほとんどの場合はNGですが、たまに給与明細や社員証でもOKにしてくれる場合があります。
これはほとんど期待できないので、もしどうしても希望したい場合は最初に契約の際に確認してみるのが無難でしょう。

 

在籍確認は、審査に通ったようなものなのでできればスムーズに終わらせたいところですが、どうしても会社が休みの場合はなかなか対策が取れませんので、最初にオペレータの方などに確認をしておくと予めわかるので安心だと思います。

 

低金利でお金を借りるには?

低金利でお金を借りるには、消費者金融よりも銀行系のカードローンがよいでしょう。
審査は消費者金融よりもきつめですが、金利は消費者金融(上限金利18%)よりも低め(上限金利14%程度)で、契約金額が高いほど低金利額になります。
金利は返済総額に影響を及ぼすので、当然低金利で借りたほうがお得です。
すでに融資を消費者金融で受けている方も、可能であれば、銀行系ローンで借り換えができれば支払う利息の額を減らすことができるでしょう。

 

ただ銀行ローンは審査が厳しいので、結果が判明するまで長いと一週間程度かかる場合もありますので、急いで借りたい場合は不向きです。

 

無利息キャンペーンについて

急いで借りたいが金利負担を減らしたい場合、30日で返せるのであれば、消費者金融会社がよく宣伝している30日無金利の融資を利用するのもよいかもしれません。
即日融資を受けられてしかも30日無金利です。
ほとんどの消費者金融が30日間無利息なのですが、少しだけ注意するポイントがあります。
それは、「30日間無利息がスタートするのはどのタイミングからなのか?」という点です。

アコム 初回契約日の翌日から30日間
アイフル 初回契約日の翌日から30日間
プロミス 初回借入日の翌日から30日間
レイクALSA 初回契約日の翌日から30日間

初回契約日の翌日から180日間(5万円迄)

 

アコム・アイフルとプロミスでは、30日間無利息キャンペーンがスタートする日が違いますので気をつけてください。
レイクALSAだけが特殊で、初回の契約時に30日間か180日間か選択することができます。
限度額に合わせてお得な方を選択するといいと思います。
無利息キャンペーンを上手に利用すれば、低金利どころか無利息でお金を借りることができます。
ただし、それぞれ全て初めての契約のみになりますので、慎重に利用しましょう。

 

お金を借りるのに必要な書類

キャッシングに必要な書類はまず本人確認書類として運転免許証です。
運転免許証がない場合は本人確認書類としていずれも有効期限内または現在有効なパスポート、在留カード、特別永住者証明書(外国人登録証明書)が必要です。
上に挙げた書類に記載された住所が現在の住所と異なる場合は、
・現在住んでいる住所が記載されている公共料金の領収書(携帯電話の領収書は不可)
・住民票の写し
・印鑑証明書(いずれも発行日から6か月以内のものに限る)
が必要です。

 

次に、1社で借入金額が50万円を超える場合、また他社の借入を含め100万円を超える場合は別途収入証明書類として
@源泉徴収票
A住民税決定通知書・納税通知書
B所得(納税)証明書(いずれも最新のもの)
のいずれかが必要になります。
もし@〜Bの書類が提出困難な場合は直近2か月分の給与明細書及び直近1年分の賞与明細書が必要です。

 

なお、給与明細書には本人の氏名・発行年月日・発行元名・月収が明記されている必要があります。

 

収入証明が必要な場合

通常、初めての契約の場合は収入証明不要な場合が多いですが、限度額や会社によっては必要な場合もあります。
自分が契約しようと思っている会社の必要書類を最初に確認しておきましょう。

 

プロミス 50万を超える限度額
アコム 50万を超える限度額
オリックスVIPローンカード 30万〜800万の限度額
UFJ銀行カードローン 200万を超える限度額
SMBCモビット 1万〜800万の限度額

 

急ぎでお金を借りる時の注意点

すぐにお金が必要な時、いつもより判断能力が鈍っているのではないかと思います。
ついつい、肝心なことを忘れてしまい、今すぐお金を貸してくれる条件のいい金融会社に騙されてしまいがちです。
普段なら絶対に引っかからないような甘い言葉に引っかかってしまうことは、いくら注意深い人でもあり得ることなので、自分は絶対にそんなことはない、と決めてかかるのは良くありません。

 

急いでいる時こそ、必要なこと、今わかっていることを紙などに書き出しておく必要があります。
最低限必要な内容は、

  • いくら必要なのか
  • いつまでに必要なのか
  • いつまでに返済できるのか
  • 月々に支払える金額はいくらなのか

このような内容です。
特に、「いつまでに返済できるのか」「月々支払える金額」というのは借りる前に先にチェックしておきましょう。
最初にこれをイメージしておくことで、限度額を必要以上に引き上げることがなく借りすぎずに済みます。

 

また、以下のような甘い言葉にも注意が必要です。

  • 審査無し
  • 在籍確認無し
  • 無職でも借りられます

 

銀行以外の金融会社は自身に収入がない場合は絶対に契約することができませんし、審査がないキャッシングやカードローンはどこにもありません。急ぎでお金を借りたくても、甘い言葉には絶対に騙されないように気をつけてくださいね。

 

お急ぎの方へのおすすめキャッシングサービスはこちら>>

即日融資でお金を借りるための方法記事一覧

低金利と即日融資 どちらで借りる?消費者金融は業界でも最もスピーディにお金を借りることができる確率が高いキャッシングです。しかし、その分金利は約18%と高く設定されています。銀行は最も低金利でお金を借りることができるキャッシング。しかし、即日融資ができる確率は消費者金融に比べると格段に低いです。低金利と即日融資、どちらで借りるのがいいんだろう?今あなたの状況によって、どちらを選ぶかが変わってきます...

すぐにお金を借りられるのは?今すぐお金が必要なときの最も重要な条件は、「すぐに借りられるかどうか」ですよね。金利が低かったり、口座を持っているかどうかということもキャッシングを選ぶ上で重要ですが、金利が低くてもすぐに必要な状況の時に1週間や2週間もかかってしまってはどうにもなりません。当サイトでは、今すぐお金を借りたい人のために、即日融資のキャッシングについてご紹介いたします。申し込んだ日にお金を...

即日融資 今日お金を借りる急な出費のため、今日中、明日までにはお金を借りたい!そんな時は即日融資が便利です。今日中にお金を借りることができるのは、消費者金融のキャッシングやカードローンが最も確実。銀行でも可能なところもありますが、銀行の場合は口座が必要だったり手続きが多かったりと意外と即日融資を可能にするのは至難の業。低金利だから銀行で借りたいけど、明日お金が必要という人にとって金利よりもスピード...