お金を借りる どこから借りる?

キャッシングでお金を借りる方法はいくつかありますよね。
どこから借りるのがいいのか迷っている方は、今の自分の状況と照らし合わせて比較するのが最も賢い借り方だと思います。

 

お金借りる おすすめランキングは→コチラ

 

比較するといってもどこを比較していいのか分からない、という方のために、いくつか特長をご紹介しますので参考にしてくださいね。

 

お金を借りるためのキャッシングは3種類

大きく分けると3種類あります。
それぞれの特徴をまずはご説明します。

消費者金融

スピードが最も早く、即日融資といわれる契約が特長で、その日のうちに申し込んでその日のうちに借りることができるのが大きなメリットです。
金利は18%程度と高いですが、自由度も高く、30日間無利息キャンペーンなども行っています。

銀行

金利が低いのが大きな特徴です。
消費者金融の18%に対し、14〜16%程度と非常に低い金利でお金を借りることができます。
即日融資も最近では増えてきましたがまだまだ消費者金融に比べるとスピードでは劣る面があります。

クレジットカード(信販系)

クレジットカードのキャッシング枠のことで、クレジットカードに付与させて利用します。
金利はショッピングと違って高金利で消費者金融に近い金利になり、契約もスピードは最も遅く1週間程度かかります。
既にクレジットカードを持っている場合、支払いがひとつで済むため便利というメリットもあります。

 

お金を借りるスピードと借りたい金額で比較する

キャッシングには消費者金融、銀行、クレジットカードと3種類ありますが、どのように比較するかというととにかく借りたい金額とお金をいつまでに借りたいかという部分で比較するのが大切です。
金利で比較するのも大事ですが、消費者金融の場合30日間無利息キャンペーンという0円で借りられるサービスがあるので、借りる金額によっては消費者金融が最もお得な場合もあります。

すぐに借りる必要があるかどうか

お金が必要な日までのスピードでまずは検討します。
1週間程度待てるのか、それとも切羽つまっているのか。
どうしてもすぐに借りないといけない状況であれば、消費者金融以外は難しいでしょう。
消費者金融は土日も夜間も契約が可能ですので、とにかく急ぎたい!という方は消費者金融が最も確実です。

借りたい金額はいくらなのか

次に、今必要な金額で考えてみます。
ちょっとしたお金が必要な場合は、どのキャッシングでも特に大きな問題になることはないかもしれません。
しかし、50万円を超える金額を借りたい場合は、金利をしっかりと確認する必要があります。
消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠は、18%程度の金利が設定されていることが多いです。
金利だけでいうと、銀行は群を抜いて低いということと、銀行ならば年収の3分の1以上のまとまったお金を借りることも可能ですので、借りたい金額が大きければ大きいほど銀行のような低金利のキャッシングでお金を借りた方がいいです。

いつ返済できるかを考える

消費者金融には、無利息キャンペーンがあるところがあります。
これは、一定の期間内であれば利息が0円で借りることができるというキャンペーン。
金利の低い銀行ですが、さすがに0円ではないのでここは迷いどころです。

 

例えば、100万円借りたい場合、100万円を消費者金融で借りると18%の金利がかかりますよね。
銀行ならば15%前後。そこには、4%の差が生じます。
金額が高くなればなるほど、この金利は大きな金額になります。
なので、借りる金額が大きければ大きいほど、低金利で借りた方がいいのですが、例えば100万円を1ヶ月以内に確実に返済できるのであれば、消費者金融の無利息キャンペーンで借りた方がかなりお得です。
100万円の14%と、100万円が利息0円で借りられるのであれば、確実に消費者金融の方がお得ですよね。

 

このように、借りた金額をすぐに返済できるのであれば、消費者金融の方がお得です。
逆に、長期間計画立ててて返済したい場合は銀行のような低金利の方がお得になります。

 

重要なのは、借りたい金額をいつまでに返済できるか、ということです。
その部分をしっかりと自分で計画を立てた上で、銀行・消費者金融・信販会社の3つから自分にあったものを選択してくださいね。

 

お金借りる おすすめランキングは→コチラ

 

お金を借りたい!キャッシングのメリットとデメリット

皆さんはキャッシングをした経験はありますか?
キャッシングと聞くと、どうもお金を借りることに抵抗を感じてしまい、悪いことをしているような気持ちになる方も多いと思います。
特に初めてお金を借りる人は、キャッシングで借りるくらいなら親か友達に頼もうか・・・と思う人もいるかもしれませんね。
しかし、友達や親に借りるのは1回2回であればなんとかなりますが、それ以上となると気まずくなります。
ピンチはいつ来るか分からないし、できればそんな時にお金を借りることができればと思うときが来るかもしれません。
キャッシングは、そういうときに本当に便利でスピーディにお金を借りることができます。
ピンチの時ほど色々悩んで慌ててしまうものですが、キャッシングのカードがあれば不安も解消できますね。

 

このように便利なキャッシングですが、皆さんが思うように当然怖い面もあります。
そこで、当サイトではキャッシングのメリットとデメリットについてご説明します。

 

キャッシングの最大のメリット

なにより一番のメリットは、必要な時にすぐお金が借りられるということです。
普通はすぐにはお金を借りることができませんよね。
キャッシングは、お金を借りる時に必要な担保物件や保証人も必要ありません。
個人的な信用だけでお金を借りることができる信用貸しというシステムになるので、自分自身の収入だけで利用限度額の範囲内であれば、いつでもお金を借りることができます。
そして、期限より前にすこしずつ返済を行なうことができるので、経済的な返済の普段も軽減されることも、メリットの一つです。

 

キャッシングのデメリット

キャッシングやカードローンは一般のローンに比べて金利が高く設定されています。
これはお金を貸す側のリスクを補うため。
貸したお金の返済が不能になった場合には、単純に戻ってこないお金は損失になってしまいますよね。
その為に普通のローンよりも金利が高いのです。
金利が高い、ということは借りたお金よりも返済する際に返済額が増えてしまうため、借りる側としては最大のデメリットといえます。

 

とはいえ、緊急にお金が必要になる場合もあり、必ずしも手元にお金があるわけではないので、金利部分も含め無理のない返済計画を立ててからキャッシングを行なうのが良いでしょう。

 

クレジットカードのキャッシングについて

クレジットカードを持っている方は、カードの明細をみていただくと「キャッシング枠」という欄があると思います。
クレジットカードのキャッシングのメリットは、キャッシングの枠内であればいつでもどこでもすぐにキャッシングできるということ。
急にお金が必要になった場合、手持ちがなくてもすぐにお金を借りることができるのでとても便利です。

 

しかし、クレジットカードのキャッシング枠を利用するためには別に契約が必要です。
もし、既に契約済みの方はキャッシング枠のところに金額が記載されているはず。そこに金額が書いていない場合は、キャッシング枠の利用は可能であるが契約をしていない、ということなので、いざというときのために契約しておくのもひとつの手ですね。

 

また、クレジットカードのキャッシングの場合、海外でも利用することが可能です。
海外旅行にたくさんの現金を持って行くことは危険です。強盗に合う可能性もありますし、それによって事件に巻き込まれることもありかもしれません。少ない現金を持って海外に出かけ、現地のATMでキャッシングをすれば、被害にあうことも最小限にできます。

 

クレジットカードのキャッシングは、実は消費者金融並に金利が高いのが最大のデメリットですが、枠が10万円程度と低めに設定されているため、すぐに返済することで金利を抑えることができるというメリットもあります。

 

消費者金融のキャッシングはスピーディ!

クレジットカードの中でも最も契約するのが不安だ、というのはやはり消費者金融のキャッシング。
イメージというのは恐ろしいもので、消費者金融と聞くだけで、なんだか悪いことをしているようなイメージになる方が多いと思います。
しかし、よくよく見てみると、消費者金融のキャッシングは実はすごくメリットが多いのも特徴なんです。

 

まず最大のメリットは融資を受けるまでの時間が非常に短いということ。
このスピードは既に契約済みのクレジットカードにキャッシング枠をつけるよりもスピーディです。
最短で、その日のうちに申し込んでその日のうちにお金を借りることができます。

 

お金を早く受け取ることができるので、急な出費などですぐにお金が必要という人であればとても便利。
消費者金融の審査が完了するまでにかかる時間は、最短で15分、長くても数時間と言われています。
あらかじめカードを作っておけば、急な出費でお金が必要になった時でも消費者金融の店頭に行く、もしくはATMに駆け込めば、銀行のATMを利用する際と同じような手際で、お金を手にすることができます。

 

キャッシングの利息計算は、基本的に日割りとなっているので借りてすぐに返済をすれば利息はほとんどかかりません。
じつはこれもクレジットカードのキャッシングに比べて利息が安く済む場合もあるんですね。
利息が気になっているという人は、すぐに返すということを意識してお金を借りるといいと思います。

 

お金借りる おすすめランキングは→コチラ